スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイレージでお得に旅行するには?_その1

  • 「どこのマイレージプログラムを利用したらいい?」

  • 数多くあるマイレージプログラムの中から、どのマイレージプログラムを選ぶのがよいか?というのはマイラーにとって重要なこと。

    自分がマイルで行きたい場所をはっきりさせればこれはおのずと答えがでる。
    現在、世界の主要航空は3大アライアンスに加盟しており、同じアライアンスであれば他社への特典航空券への交換もできる



    
     
    基本的には自分にとってベストアライアンスで1枚もつ
    のがよい。
    航空系クレジットカードのほとんどが100=1マイルを基本としているが(200円=1マイルの場合もある。)
    ユナイテッド航空の「マイレージプラスセゾン」の場合は1000円=15マイル(100円=1.5マイル)と
    高い積算率となっている。

    毎月のカード支払いの多い人は異なるアライアンスのカードの2枚持ちもOK。

    特にANAとJALカードを持ってると路線・空席状況によっての使い分けも可能。
    ANA、JALもともに頻繁に必要マイル数より少ないマイルで特典交換できるキャンペーンもあるので、ホームページでお得な路線をチェックすると普段よりもお得に特典航空券をGETできるかも?



    <スターアライアンス>

    • 加盟航空会社

    • ANA

    • シンガポール航空

    • タイ国際航空

    • ユナイテッド航空

    • ルフトハンザ航空

    • スカンジナビア航空


    3大アライアンスのなかでは最多の27社が加盟。日本就航の航空会社もANAをはじめ15社あり、貯めたマイルは日本国内線はもちろん、世界中で使える。強いエリアはアジア、着たアメリカ、ヨーロッパなどで観光での利用が多いエジプト航空、トルコ航空、南アフリカ航空も使える。
    逆にオーストラリア、中東、中米への路線は弱い。
    加盟航空会社を組み合わせられるスターアライアンス特典を活用できるのでかなり自由な旅程を計画できる。
    (要するにスターアライアンスの範囲内の旅行なら一枚の券でいけますよ~ってものです↑)



    主なクレジットカード:
    全日空:ANAカード(ANA JCBカード
    )

    ユナイテッド航空:マイレージ・プラス


    <スカイチーム>

    • 大韓航空

    • デルタ航空

    • アエロメヒコ航空

    • エールフランス航空

    • KLMオランダ航空

    • アエロフロートロシア航空


    勢力拡大中のアライアンスでh、13社が加盟。
    日本の航空会社は加盟していないが、デルタ航空など9社が日本に乗り入れている。アメリカではデルタ航空、ヨーロッパではエールフランス航空、アジアでは大韓航空などを利用することで日本人に人気のエリアの多くへ行ける。
    また一昨年加盟したベトナム航空、チャイナエアライン、中国東方航空、中国南方航空、ガルーダ・インドネシア航空、ケニア航空が使えることで旅の幅がぐっと広がる。

    主なクレジットカード:
    デルタ航空:スカイマイルカード
    デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード




    エールフランス航空:フライングブルー

    <ワンワールド>

    • JAL

    • キャセイパシフィック航空

    • アメリカン航空

    • ブリティッシュエアウエィズ

    • フィンランド航空

    • カンタス航空


    JALをはじめ、世界のナショナルフラッグを中心に現在12社が加盟。
    その中で半数の6社が日本に就航している。特に羽田からの国際線路線が充実しており、JAL,アメリカン航空、ブリティッシュエアウエィズ、キャセイパシフィック航空の4社が乗り入れ、合計11都市を結んでいる。その他ではLAN航空が加盟により南米旅行にも便利なアライアンスだ。
    しかしアジアや中央ヨーロッパ(イタリア、フランス)、へは弱い。


    主なクレジットカード:
    日本航空:JALカードSuica

    JALカード TOP&ClubQ

    JALカード OPクレジット


    アメリカン航空:りそな、AAdavantageVISAカード



    ゴールドカード以上のサービス、アメリカンエキスプレス・カード

    差がつきにくいと言われるプロパーカードだが

    数あるプロパーカードのなかで異彩を放つのが 

    アメリカン・エキスプレスカード。



    年会費は12600円と はっきり言ってゴールドカードなみだが
    サービスは
    手荷物無料宅配サービス
     海外旅行からの帰国時に空港から自宅までスーツケースを無料で配送!(1名につき1個。このサービスは成田、中部、関西国際空港にて行ってます)

    無料ポーターサービス
     出発時、空港の駅改札時やバス停からチェック員クンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札口からバス停まで専任スタッフが荷物を運んでくれる。
    疲れたとき手ぶらで移動出来るのは嬉しい(成田、関西国際空港)


    空港ラウンジ利用権
     空港ラウンジを カードと搭乗券の提示で国内16カ所(新千歳、仙台、羽田第一、第二、成田国際第一、第二、小松、中部国際、大阪国際、関西国際、神戸、広島、新九州、福岡、鹿児島、那覇)海外2カ所(ハワイ、ホノルル、ソウル、仁川)の空港ラウンジをカード会員と同伴1名まで無料で利用できる。


    トラベルサービスオフィス
    世界140余カ国、2200カ所のトラベルサービスロケーションでサポート。 (アメリカン・エキスプレス外貨サービス営業所含む。提供されるサービス内用は店舗、現地の法律により異なる)


    …と他社のゴールドカード以上のサービスを提供している。


    ちなみにプロパーカードだが
    ポイントは100=1ポイント。

    有効期限は3年だが 1度交換すると 無期限になるので実質無期限だ。

    ちなみにポイントは ボーナスポイントパートナーズを利用すれば付与率はupである。

    1ポイントの価値は交換する商品によって 変わってくる。
     ちなみに 2011年 確認したところによると

    ANA 、JALへのポイント交換は

    2000ポイント=1000マイルに交換可能なので 1マイルは場合によっては 9円相当なことがあるので

    アメリカンエキスプレスのポイントは最大 

    1ポイント=最大4・5円相当になることがあると言える。


    詳しくはこちら


    (先ほど おすすめで見たアンティカ・オステリア・デル・ポンテ5,000円分のお食事券には5000ポイントが必要とあり。これは1ポイント=1円相当になりますね)


    旅行保険はさすがに充実しており、
    海外、国内の旅行保険は最大5000万円
    ショッピング保険は最大500万円までと

    これも 他の会社のゴールドカード以上の保険あり。

    出張が多い方、よく飛行機にのる方は持っていれば おつりが来るくらいのカードです。






    楽天カードのデメリットはあるか?

    どこのクレジット比較サイトというものでも 必ず上位のにあがってくる楽天カード。


    年会費無料


    100円=1ポイント 、1ポイント=1円で使える お得な還元率、


    楽天市場や楽天トラベルで金曜に使うとポイントが3倍になるところや


    町中で使っても提携店でポイントたまる(ENOUSやJOMOでもポイント2倍!)




    など

    お得感が大きいので非の打ち所がないように思える。

    でも本当になんでもかんでも顧客還元なんだろうかと思い、調べてみたところ

    意外な所では 手数料をとっていた。


    まず

    楽天では利用明細書の発行が有料。一回につき80円がかかる。

    しかしネットサービス『e-NAVI明細サービス』に申し込めばネットから無料で明細書を確認できるので、
    ネット環境にある方は必ずこちらに切り替えたほうがよい。
    最近ではスマートフォンから使えるe-NAVIサービスアプリも配信されています。
    まあ紙の明細書発行なんてエコじゃないしね。


    二つ目に


    ETCカードの発行が有料。


    最近の若者は車に載らない人も多い様ですが 楽天カードでETCカードを付帯させようとすると
    年会費が525円かかる。
    …どうしても ETCカードが無料で欲しい場合は年会費無料でETC カードを発行してるカード会社が他にもあるので他で作ったほうがよいでしょう。
    ちなみに  楽天プレミアムカードならETCカードは無料で発行です。





    旅行保険はカードを持ってるだけじゃ適用されない!


    楽天カードには最大2000万円の海外旅行傷害保険が付帯されてると記載がありますが。

    しかし、この保険は自動付帯ではなく利用付帯となります。

    利用付帯とはなんぞや?

    要するにカードだけ持って海外に行ったとしても保険の対象外ということなのです。

    この保険を適用させるためには、日本を出国する以前に、公共交通乗用具(航空機、電車、船舶、バス、タクシー)または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合に限り保険が適用される、ということ。
    不安な方は、海外旅行傷害保険が自動付帯されているカードを別で持ったほうがいいですね!!
    (JCB VISAカードならヘルプデスクも充実してますしね)


    まあ お得、お得と言われる 楽天カードのアラを探ってきましたが
    普通に持って日常で使う分には色々お得なのは間違いないので1枚持っていて損はありません


    ステータスといったら

    一般カードながら、ゴールドカード以上のサービスを提供するアメリカンエキスプレス。 年会費1万2600円と一般カードを超えますが、アメリカン・エキスプレスの名前にふさわしいサービスをちりばめてあります。




    <空港ラウンジ>
    空港ラウンジを カードと搭乗券の提示で国内16カ所(新千歳、仙台、羽田第一、第二、成田国際第一、第二、小松、中部国際、大阪国際、関西国際、神戸、広島、新九州、福岡、鹿児島、那覇)海外2カ所(ハワイ、ホノルル、ソウル、仁川)の空港ラウンジをカード会員と同伴1名まで無料で利用できる。

    <手荷物宅配サービス>  
    海外旅行からの帰国時に空港から自宅までスーツケースを無料で配送!(1名につき1個。このサービスは成田、中部、関西国際空港にて行ってます)

    <空港クロークサービス>
    乗り継ぎ便の待ち時間などに空港内手荷物預かり所で、荷物を無料で預かってくれる。乗り継ぎ時の空港内で買い物や食事をするのに便利。(中部国際空港)

    <無料ポーターサービス> 出発時、空港の駅改札時やバス停からチェック員クンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札口からバス停まで専任スタッフが荷物を運んでくれる。
    疲れたとき手ぶらで移動出来るのは嬉しい(成田、関西国際空港)

    <トラベルサービスオフィス>世界140余カ国、2200カ所のトラベルサービスロケーションでサポート。 (アメリカン・エキスプレス外貨サービス営業所含む。提供されるサービス内用は店舗、現地の法律により異なる)




    三井住友カード

    年会費はかかるがその後の手厚いサービスが売りのプロパーカード。



    どれを選んだらよいか迷うところだが
    将来海外の有名都市へ旅行に行ってチケットの手配などサービスを受けたいなら
    JCBかVISAカードを作るにかぎる。
    (但し、現地デスクがないところへ行ってもサポートは受けられないことが多いので、現地デスクの位置は確かめておいた方がよい)
    また 通常でも、国内のチケットを割安でHPで販売してることもあり、(全部ではないが)
    コンサートなどがすきな方にもおすすめ。

    そして 日本でVISAカードというと
    三井住友VISAカード



    インターネットからの申込で初年度年会費無料/2年目から1312円。

    年会費割引特典はマイぺいすリボ登録または前年度利用額300万円以上で無料または前年度利用額100万円以上300万円未満で半額。またWEB明細で525円引き


    ポイントは通常 1000円=1ポイント(5円相当)
    利用額の応じてボーナスプレゼントが発生する制度になっている。
    例えば


    前年度の利用が   
    50万円以上100万円未満
    50万円利用ごとに50ポイントプレゼント、

    以降10万円ごとに10ポイントプレゼント

    100万円以上300万円未満で
    50万円で75ポイントプレゼント、

    以降10万円ごとに15ポイント

    300万円以上で
    50万円で150ポイントプレゼント

    以降10万円ごとに30ポイントプレゼント


    …と使えば使うほどポイント付与率が高くなる、という「長くつきあうほどお得になるカード」なのだ。



    また、引き落とし口座を三井住友カードにすると銀行のATMの時間外手数料や、
    インターネットバンキングでの三井住友あての振込手数料が室生になるなど
    家賃の支払先が三井住友の人は作っておいて損はない。

    お申込はこちら







    プロフィール

    黒羊

    Author:黒羊
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。