スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステータスといったら

一般カードながら、ゴールドカード以上のサービスを提供するアメリカンエキスプレス。 年会費1万2600円と一般カードを超えますが、アメリカン・エキスプレスの名前にふさわしいサービスをちりばめてあります。




<空港ラウンジ>
空港ラウンジを カードと搭乗券の提示で国内16カ所(新千歳、仙台、羽田第一、第二、成田国際第一、第二、小松、中部国際、大阪国際、関西国際、神戸、広島、新九州、福岡、鹿児島、那覇)海外2カ所(ハワイ、ホノルル、ソウル、仁川)の空港ラウンジをカード会員と同伴1名まで無料で利用できる。

<手荷物宅配サービス>  
海外旅行からの帰国時に空港から自宅までスーツケースを無料で配送!(1名につき1個。このサービスは成田、中部、関西国際空港にて行ってます)

<空港クロークサービス>
乗り継ぎ便の待ち時間などに空港内手荷物預かり所で、荷物を無料で預かってくれる。乗り継ぎ時の空港内で買い物や食事をするのに便利。(中部国際空港)

<無料ポーターサービス> 出発時、空港の駅改札時やバス停からチェック員クンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札口からバス停まで専任スタッフが荷物を運んでくれる。
疲れたとき手ぶらで移動出来るのは嬉しい(成田、関西国際空港)

<トラベルサービスオフィス>世界140余カ国、2200カ所のトラベルサービスロケーションでサポート。 (アメリカン・エキスプレス外貨サービス営業所含む。提供されるサービス内用は店舗、現地の法律により異なる)




スポンサーサイト

三井住友カード

年会費はかかるがその後の手厚いサービスが売りのプロパーカード。



どれを選んだらよいか迷うところだが
将来海外の有名都市へ旅行に行ってチケットの手配などサービスを受けたいなら
JCBかVISAカードを作るにかぎる。
(但し、現地デスクがないところへ行ってもサポートは受けられないことが多いので、現地デスクの位置は確かめておいた方がよい)
また 通常でも、国内のチケットを割安でHPで販売してることもあり、(全部ではないが)
コンサートなどがすきな方にもおすすめ。

そして 日本でVISAカードというと
三井住友VISAカード



インターネットからの申込で初年度年会費無料/2年目から1312円。

年会費割引特典はマイぺいすリボ登録または前年度利用額300万円以上で無料または前年度利用額100万円以上300万円未満で半額。またWEB明細で525円引き


ポイントは通常 1000円=1ポイント(5円相当)
利用額の応じてボーナスプレゼントが発生する制度になっている。
例えば


前年度の利用が   
50万円以上100万円未満
50万円利用ごとに50ポイントプレゼント、

以降10万円ごとに10ポイントプレゼント

100万円以上300万円未満で
50万円で75ポイントプレゼント、

以降10万円ごとに15ポイント

300万円以上で
50万円で150ポイントプレゼント

以降10万円ごとに30ポイントプレゼント


…と使えば使うほどポイント付与率が高くなる、という「長くつきあうほどお得になるカード」なのだ。



また、引き落とし口座を三井住友カードにすると銀行のATMの時間外手数料や、
インターネットバンキングでの三井住友あての振込手数料が室生になるなど
家賃の支払先が三井住友の人は作っておいて損はない。

お申込はこちら







プロフィール

黒羊

Author:黒羊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。